肩こりを違う角度から診る

肩こりを違う角度から診る

どうも、六甲もり鍼灸整体院の森です。

今回は肩こりを少し違った視点からみてみようと思います。

東洋医学では、

肩こりを大きく4つのタイプに分けます!!

1、肝うつタイプ

多くはストレスからくる肩こりです。

ストレスがかかることで、気や血が上に上にあがってしまい

首や肩に鬱滞した血液が筋肉を固くし、肩こりだけでなく頭痛などを伴うことも有ります

2、血オタイプ

姿勢の悪さや過去の外傷により筋の動きが悪くなることで

血の停滞が起きます

また、長時間冷たい風に当たることなどにより、冷えが体内に侵入し血の運行が失調されることもあります

こうした場合には姿勢を改善するためのエクササイズなども有効です

3、痰湿(たんしつ)タイプ

痰湿が原因の肩こりでは、脂っこいものを好んで食べるなどの偏った食生活や運動不足などが原因で体内の水分が滞留している状態です

こうした場合にはまず食事内容の見直しや、運動習慣を身につける必要があります

4、血虚(けっきょ)タイプ

過労や月経・出産などにより体内に血が不足し、

筋肉に十分なエネルギーが供給されないことで肩こりが起こります

こういうタイプでは、しっかりと栄養を補給し体や目を休める事が大切です
肩こりだから、肩だけが問題というのではなく

全身の乱れによって、肩こりの症状が出てきています!!

時々でも良いので、自分の心の状態や生活習慣に

目を向けてみてくださいね!!


神戸市灘区 六甲もり鍼灸整体院
TEL 078-862-9878
営業時間 月~金 9時~21時 土 9時~18時 日(前日までの予約で開院)

診察時間:平日 9:00~21:00(最終受付)
土曜日:9:00~18:00
定休日:日曜・祝日 ※土曜日も診療します。

初めての方はお電話にてご予約ください