顎関節症の分類

顎関節症の分類


どうも、神戸市灘区 阪急六甲駅すぐの
六甲もり鍼灸整体院の森です。

顎関節症1型:咀嚼筋障害(噛む筋肉に問題がある)

咀嚼筋とは、下顎の骨を動かして口を閉じるときに動かす筋肉の総称となります。咀嚼筋は4つの筋肉から構成されていて、咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋からなっています。

1型は口を開け閉めする運動や、食べ物を咬んだり、咬みしめた時に咀嚼筋の障害でのみ痛みが発生します。

顎関節症2型:関節包・靭帯障害
顎関節の周りは関節包や靭帯で包まれています。何もしていない自然な場合も痛みを感じる場合があります。

顎関節症3型:関節円板障害
病態によっては関節円板そのものが変形していることもあり、その場合は3型に分類されます。3型の症状は痛みがあまりなく、あごを動かしたときに「かくかく」と鳴るのが特徴です。

顎関節4型:変形性関節症
顎関節に強い負荷が長時間持続的に加えられることによって、骨の周囲などに新たな骨組織が形成されてしまう症状です。口の開閉時に「ゴリゴリ」とした音が生じ、滑膜炎の症状を伴うと痛みが出ます。

神戸市灘区 六甲もり鍼灸整体院
TEL 078-862-9878
営業時間 月~金 9時~21時 土 9時~18時

診察時間:平日 9:00~21:00(最終受付)
土曜日:9:00~18:00
定休日:日曜・祝日 ※土曜日も診療します。

初めての方はお電話にてご予約ください