子供の姿勢を良くすることで成績が上がる?

子供の姿勢を良くすることで成績が上がる?

子供の悪い姿勢として、

 

肩を前に出して背中を丸めて(=猫背)スマホ・TVゲームをしている

 

寝転がってマンガを読んでいるなどが見受けられます。

 

これらはすべて身体の歪みを引きおこしているため、身体機能を低下させてしまっています。

 

例えば、子供でも多い悪い姿勢の代表ともいえる猫背は、

 

実は内臓、特に肺を圧迫するため、呼吸を浅くしてしまっています。

 

この呼吸の浅さが、脳の働きを低下させてしまう可能性があるかもしれません。

 

呼吸が浅くなると、体内に取り入れる酸素が不足します。

 

すると必然的に脳に送られる酸素量も減ってしまいます。

 

酸素とは脳を働かすエンジンのようなもの

 

そのため酸素量が足りなくなると、脳は働きが悪くなってしまい、次のような弊害を引き起こすのです。

 

【脳の酸素不足による弊害】 ・記憶力の低下 ・集中力の低下 ・頭痛 ・眠気(あくびが出やすい)

 

【脳以外での酸素不足の弊害】 ・視力低下 ・慢性疲労 ・貧血 ・肩こり ・便秘

 

また酸素量のみならず、内臓が圧迫されると血流も滞りがちになるため、

 

やはり脳への血行不良が慢性的になって、脳機能の働きを阻害してしまいます。

 

悪い姿勢によって浅い呼吸を習慣にしてしまうと、

 

精神的に不安定になりやすくなるため、親が気になる勉強への意欲にも影響を及ぼすのです。

身体がやわらかいうちにきちんと歪みを治しておくと、大人になってからの様々な辛い症状を予防することに繋がります。

身体が歪んだまま大人になって、歪みが固定されてしまうと正常な状態に戻すのに多くの時間がかかり症状も改善しにくくなります。

 

診察時間:平日 9:00~21:00(最終受付)
土曜日:9:00~18:00
定休日:日曜・祝日 ※土曜日も診療します。

初めての方はお電話にてご予約ください