動くことは、生きること。Part 1

動くことは、生きること。Part 1

Motion is Life

動くことは生きることである

 

ヒポクラテス

 

古代ギリシアの医師、ヒポクラテス「医学の父」とも呼ばれる偉人です。この時代、病気は自然の災いと信じられ、呪術などで解決しようとされていまいした。そんな中、ヒポクラテスは科学的に病を観察し、医学を宗教的なものから科学へと発展させた最初の人だと言われています。

 

 

動作は、生きていることの象徴です。人が成長していく過程に、動作の発達についての踏み石(次の段階の基礎)というものがあります。それは万人に共通しています。まずは頭と首のコントロールから始まり、徐々に寝返り、腹這い、四つ這い、膝立ち、スクワット、立位、足踏み、昇降、走行へと自然と発達を続けます。年を重ねて成長したときにも、加齢によって何らかの能力を失ったときにも、これら動作の基礎を常に維持していかなければ、カラダに何かしらの不自由や不調が生まれてきます。これら基礎的な動作を保つためにも欠かせないカラダの機能があります。それは、可動性安定性です。

 

パーソナルトレーニングTrue Natureが実施している運動機能テストでは、主要な動作機能不全があるのか、関節に過度な負荷のかかる動作パターンがあるのかを診ていきます。人は誰でも生きてきた環境により、動きに癖が付いてきます。その癖が強ければ強いほど、年齢を重ねるうちにカラダに不具合が出てきます。True Natureが取り入れているファンクショナルトレーニングは、正しい関節の動きや筋肉の働きを覚えさせていくエクササイズを反復していくことで正しい動きの癖を脳に上書き保存していきます。
動作に何らかの問題があるなら、筋肉の可動性や安定性の機能が低下している可能性があります。もしそれらの傾向がみられる場合、その動作を引き起こしている原因を解消していくことを優先させてトレーニングを進めます。関節を動かす適切な筋肉の可動性と関節を支える適切な筋肉の安定性を高めることで、コリや痛みといった症状は解消していきます。また、筋肉バランスが整うことで正しい姿勢を保てるようになります。

 

いろいろ試したけど再発してしまうカラダの痛みは運動不足による衰えた運動機能にあるかもしれません。カラダを上手く動かせるようにして痛みの原因を解消したい方は是非ご相談ください!

診察時間:平日 9:00~21:00(最終受付)
土曜日:9:00~18:00
定休日:日曜・祝日 ※土曜日も診療します。

初めての方はお電話にてご予約ください