六甲もり鍼灸整体院

「側弯症」の記事一覧

【側弯症の進行の順番】

【側弯症の進行の順番】側弯症は、背骨(脊柱)の形が3つの異なる方向に変形する状態です。この3つの方向は、前後に曲がる「前額面」、左右に曲がる「矢状面」、上下にねじれる「水平面」です。側弯症の変形は、通常、次の順序で進行す […]

【メラトニンと側弯症】

【メラトニンと側弯症】メラトニンというのは、脳の中にある松果体という部分から分泌されるホルモンの一つです。このホルモンは、私たちの体内時計や生活リズムに関係しています。メラトニンは、セロトニンという物質から作られます。日 […]

側弯は【症状がなければ問題がないのか】

学校の健康診断や人間ドックなどで、背骨に側弯症が見つかることがありますが、それが見つかったからといって、必ずしも症状があるわけではありません。ほとんどの人は無症状で、健康診断で初めて気づくことがあります。側弯症は、背骨が […]

変形性脊椎症としての側弯

【変形性脊椎症としての側弯】側弯症には、思春期に起こる特発性側弯症が一般的ですが、成人になってからも側弯症になることがあります。これを変形性脊椎症に伴う側弯症と呼ぶこともあります。実際、報告によると60歳以上の人の中で、 […]

【側弯症に対する運動について】

【側弯症に対する運動について】運動は体にどんな影響を与えるのでしょうか?筋肉を使いますから筋肉の増強ができます。関節が動きますから関節の柔軟性を高めることができます。血流を増やすので血管や循環器を刺激して鍛えることができ […]

側弯症 【姿勢と変形の関係性】

【姿勢と変形の関係性】姿勢と脊柱の側弯変形について、医学的な結論としては、基本的には関係がないとされています。 なぜなら、特発性側弯症(成長期に起こる側弯症)の場合、特定の姿勢が原因であるという科学的な証拠が見つかってい […]

側弯症 上からの影響と下からの影響

【上からの影響と下からの影響】側弯症には、上からの影響と下からの影響があります。 上からの影響には、頭蓋骨が関わっています。頭蓋骨には「斜頭」と呼ばれる変形が起こることがあります。これは乳児期に頭の向きが偏ることで、後頭 […]

顎関節症で病院や整骨院では何をするの?

口が開けづらい、口を開けようと思ったら「ガリガリッ」と音がするといった症状でお困りの方は、10代半ばから20代にかけて最も多く、50代になってまた症状が出てきたと言われる方もみられます。最初はどこに施術に行けばいいのか分 […]

顎関節症の発症のメカニズム

顎関節症の発症のメカニズムについてはいまだに不明な点が多いとされています。しかし、原因となる要因は1、姿勢の歪み2、過去の怪我や手術(体のどの部分でも該当します)3、精神的なストレス4、生活習慣などが挙げられます。例えば […]

顎関節症は猫背やストレートネックも原因!

猫背やストレートネックなどの不良姿勢でも噛み合わせが悪くなり、顎関節症になりやすいとされています。顎周囲の筋膜が硬くなると顎の筋肉がリラックスできなくなり、無意識のうちに夜間に噛みしめてしまうことや口が開きにくいという症 […]