ブログ画像これまで何度か「正しい治療法」という言葉を使ってきました。正しい治療には必ず「詳細な検査」がつきものだ、ということは覚えておいていただきたいところです。
病院にはX線やMRIといった画像検査機器があるため、骨格の異常を発見しやすい代わりに、画像所見で異常が見られないと「どこにも異常はないですね」という結論になります。
何らかの異常があれば「ストレートネック気味です」「椎間板が薄くなってきていますね」などと所見を得ることはできますが、それは骨の状態を知ることができた、というだけの話です。そこから原因を探り、根本的な治療が行われることもなく、多くは「痛み止めと湿布を出しておきますから、様子を見ましょう」で終わりです。慢性的な肩こりや首の痛みに対しては、現代医療ではほとんど無力だ、と言っても良いでしょう。
では「正しい治療」における検査は、どのように行われるのでしょうか?
優秀な治療院では、慢性的な痛みに悩む方が来院されると「可動域の検査」を必ず行います。
肩こりの場合であれば、首や肩が正常な範囲まで動かせるかどうかを見るのです。
肩に痛みがあるからといって、肩周辺だけに原因があるとは限りませんから、場合によっては背中や腰、脚などもチェックして状態を確認します。また肩こりは日常に要因があるケースが多いので、お仕事や生活習慣について、さまざまな質問をします。これらの検査や質問は、肩こりの原因を特定するためには欠かせません。しかし残念ながら、すべてのクリニックや治療院がこうした姿勢を持っているわけではありません。それだけに治療を受ける側が治療施設の良し悪しを見分け、選ぶ必要があります。


#整体#小顔#ヘッド#マタニティ整体#産後#骨盤矯正#肩こり#腰痛#頭痛#姿勢#猫背#顔の歪み#自律神経#子供整体#パーソナルトレーニング#ダイエット#更年期ダイエット#ブライダルダイエット#産後ダイエット#フェイシャルエステ#むくみ#ツヤ#キメ#美肌#美白#神戸市#灘区#六甲

HP

rokko-mori.com

六甲もり鍼灸整体院

〒657-0051
神戸市灘区八幡町3丁目6-22 中迫ビル2階

TEL 078-862-9878

営業時間 月~金 9時~21時 土 9時~18時

Googleマップ

www.google.com